SUPPORTERS

スリープ・ディープリーについて 坪田 聡先生 医学博士

写真脳波はその周波数によって、アルファ、ベータ、シータ、デルタの4つに分けられています。目覚めているときは脳が盛んに活動しているので、脳波は周波数の高いベータ波が主流を占めています。眠りにつくと、脳の機能が低下して、次第に脳波の周波数が下がってきます。そして、脳のほとんどの部分が休んでいる深い睡眠のときには、デルタ波という非常にゆっくりした波になります。

一方、音楽には、呼吸や心臓、脳などの身体のリズムを、同調させる働きがあることが、実験で確かめられています。左右の耳からわずかに音程が違う音を聴くことで、脳に干渉波を作用させると、効果的に脳波を音楽に同調させることができます。

写真この「Sleep Deeply」は、これらの科学的な知見をもとに、聴くことによって脳波をゆっくりしたデルタ波に変え、深い睡眠を得られるよう設計されました。このCDを聴きながら横になると、ストレスが少なくなって寝つきやすくなります。さらに、リピート機能を使って繰り返し流しておくと、次第に眠りが深くなってきます。

Sleep Deeply」は、左右の音が微妙に違うので、ステレオ対応のヘッドフォンやイヤフォンで聴くことをお勧めします。CDを聴きながら、あなたが一番リラックスできる情景を思い浮かべたり、今まで経験した楽しい出来事を思い出したりすると、より効果的です。

坪田 聡 プロフィール

医師、医学博士、生涯学習開発財団認定コーチ、日本睡眠学会、ストレス学会、日本コーチ協会、日本医師会

Page Top