SUPPORTERS

美容室Blue Earth 瀧本康司

Blue Earth様は「美と健康と環境浄化」をコンセプトとし、お客様が安心してご利用頂ける技術とサービスを提供する為に「ビーワンシステム」を採用していらっしゃいます。「ビーワンシステム」は、髪や頭皮に抜群の浸透性を誇る“姫路の天然水”を用いる理美容技術。この水には、化学物質を安定化させて毒性を緩和し、薬剤の本質的な効能だけを活かす働きがあるそうです。
瀧本店長の目指す理想のお店像は“人と地球に優しい美容室”。大のソリチューズファンでいらっしゃる店長、店内のBGMとしてソリチューズをお使い下さっている他、「ビーワンシステム」の講習会などでもソリチューズCDをご紹介頂き、全国にその輪を広げて下さっています。 その「ビーワンシステム」とは一体どんなものなのか?実際に体験してまいりました~!

写真私がお願いしたのは「リフレッシュコース」。手始めに肉眼で頭皮全体を軽くチェックして頂きます。「ちょっと赤い部分があるのが気になりますね・・・」と瀧本店長。次にマイクロスコープで詳細な状態をチェック。PCの画面に私の頭皮がアップで映し出されます。「うん、きれいですね」の一言にホッとしたのも束の間、少し位置をずらすと「あっ、やっぱりさっきの所は荒れていますね」・・・確かに先ほどきれいと言われた箇所とは色などが明らかに異なる上、毛穴に脂のようなものが詰まっている様子までハッキリとわかります。実は私、常日頃からこの部分のかゆみに悩まされておりました。 「では、今から頭皮をきれいにしていきます。終了後にスコープで見たら、相当違っていると思いますよ」と店長。いよいよ、コース本番のスタートです。

写真まずは、デトックス風シャンプーで毛穴の汚れを除去。店長曰く「庭の草花1本1本に水をあげ、『健やかに育てよ、元気になれよ』と声をかけている感覚」とのことでしたが、受け手側の感覚も全く同じ(!)まるで店長の指先が1本1本の髪や頭皮の隅々と会話をしているかのように、ソフトで丁寧なマッサージが続きます。

シャンプー終了後、今度は頭皮洗浄機の出番。ここからは仰向けで容器に後頭部を入れるような体勢で、細い管から少しずつ出てくる天然水をじっくり頭皮に浸透させてもらいます。 これは、お客様への心からの愛情と、頭皮や髪への真剣な思いが無ければ、到底出来ない作業だと思いました。

店長が「ほとんどの人が気持ち良くなって眠ってしまうんです」とお話の通り、私もすっかりくつろいでしまい、取材中だというのに不覚にもイビキをかいて眠ってしまい(恥)自分のイビキに驚いて目が覚めた頃には、頭皮洗浄もすでに終盤。髪を乾かして頂いた後、再びマイクロスコープで頭皮の様子をのぞくと・・・脂や汚れが詰まっていた部分が見事にきれいな状態となり、かゆみも消えていました!拡大画像で見る髪の1本1本も、心なしか元気を取り戻したよう。こうなると、気の持ちようも変わるから不思議ですね。すっかりご機嫌になった私、さっそうと会社に戻り、張り切って午後の仕事に臨んだのでありました。

施術中、店長がしみじみと語られたお話があります。実は瀧本店長、美容師さんの多くの例に漏れず、ひどい手荒れに悩んでいたとのこと。皮膚科へ行かれた際「あなた美容師でしょ?」と言い当てられた挙げ句「その仕事辞めないと治らないね」と忠告され、究極の選択を迫られたこともあったとか。※美容師さんの大半は、手荒れを理由に退職していくそうです。
そんな時に出会った「ビーワンシステム」が、店長の美容師人生を変えました。 ソリチューズの音楽がゆったりと流れる“人と地球に優しい美容室”は、本当に優しさと安らぎに満ちた空間だったのでした。 ・・・Aizawa

ショート・インタビュー

写真―瀧本店長とソリチューズとの出会いは?

「出会いは、以前勤めていた場所の隣にJCIさん(←弊社の旧社名です)があったから・・・(笑)
ただ、新しくお店をオープンするときに、お店の雰囲気、コンセプトがソリチューズの音楽にぴったりだと思ったので、オープン以来、お店のBGMはずっとソリチューズです」

ヨーロピアン・スパポリネシアン・スパ―瀧本店長おすすめ、あるいはお客様お気に入りのソリチューズのタイトルは?

「お店を癒しの空間にしたいコンセプトと「ビーワン」という特別な天然水を使用して行う施術に、リラックスでき、癒されるこの2つのCDはぴったりとマッチします。 仲間の理美容室でも育毛やエステの施術の時にソリチューズのCDを流しているサロンがたくさんあります」

美容室Blue Earth様へのお問い合わせ・ご予約等

http://www.blue-earth2004.com

ビーワンシステムについて詳しくお知りになりたい方

全国BSC理美容協同組合総本部
http://www.bsc-web.net/

Page Top