SUPPORTERS

竹之内 浩一 『KENWOODスクエア丸の内』

写真ケンウッドといえば、皆さんご存知のオーディオ(カーエレクトロニクス、無線機器等)の老舗メーカーさんです。東京丸の内の仲通り沿いにあるショールーム『ケンウッドスクエア丸の内』は40年も前からあったそうですが、今では海外の高級ブランドショップが軒を連ねるおしゃれなストリートになっています。
さて、そんな素敵なロケーションにある『ケンウッドスクエア丸の内』ですが、2007年8月末にリニューアルオープンされ、洗練された街並みに溶け込んだかっこいいスポットになりました!
実は、今からご紹介する竹之内さんは、『ケンウッドスクエア丸の内』のマネージャーさんですが、以前はレコード部門で洋楽ディレクターやプロモーターをされていたと言う、ソフトにもハードにも詳しい、まさしくサウンドのプロと呼べる方です。

写真竹之内さんとは2年前に、ソリチューズサポーターの高塚さんにご紹介いただいて、ケンウッドショールームのオーディオ機器でソリチューズをかけていただいときからのお付き合いです。
それ以来、プロムナードコンサート(平日の12:00~13:00)で、時々ソリチューズをかけてくださっています。

写真竹之内さんおすすめのソリチューズは、「ドッグ・オブ・ザ・ベイ」です。竹之内さん曰く、

「波の音が非常にリアルで、映像が浮かんでくるくらい。波の音は質の悪い録音だと、雑音にしか聴こえないですから・・・。お客様にスピーカーの音の違いをわかっていただきたい時にもこのアルバムをかけてリアルな波音を体感してもらうこともありますよ。音質だけでなく、楽曲の順番もよく考えられています。この曲を聴きたいと思って聴くというよりは、何となくこのアルバムの雰囲気を味わいたいと思って、何気なく流しておきたいアルバムです。」

その他に、サウンドのプロの立場からいただいたソリチューズに対する印象は、

・音楽と自然音のミックスは緻密に計算しつくされていて、まるでネイチャーサウンドにあわせて演奏されていると感じるほど。
 音楽が自然のリズムにとてもあっている。
・制作者に相当の技術と経験がなければ、決して作れない音楽だ。
・ソリチューズの音楽にはとても心がこもっている。演奏者もテクニックだけでなく、心を込めて演奏している。
 音楽も芸術も無償の愛。ソリチューズの愛を受け止められるかどうかは聴き手にかかっている・・・。

私はこのコメントをいただいて、実はかなり感激しました。ここまで核心に迫ってソリチューズを語っていただけるとは思っていなかったということもありますが、この話をゴードンにしたらもっと感激すると思いました。いつか2人を引き合わせてみたいですね。 ・・・Kazz

竹之内浩一氏のプロフィール

1954年生まれ
ケンウッドの前身トリオに入社。以後宣伝へ。レコード部門、洋楽ディレクター、プロモーターとしても活躍。
2002年から現職(宣伝室 スクエア丸の内マネージャー)。

Page Top