SUPPORTERS

闘病を支えたソリチューズ 柏木 千代子

写真私の一番のお気に入りは「ブラジリアン・ブリーズ」です。

私が初めてソリチューズに出逢ったのは2年前の冬でした。
当時私は、四国から東京の白金にある北里研究所病院の化学物質過敏症外来まで通院していました。3回目の通院時に主治医の尾島先生から音楽療法についての説明を受け、ソリチューズをすすめて頂きました。
先生の説明によると、私には自律神経に乱れがあり、ソリチューズはその改善に効果が期待出来るのだそうです。

初めて聴いたときからとてもリラックスすることができ、2枚目に買った「ブラジリアン・ブリーズ」で虜になり、それ以来ソリチューズにはまっています。(いつのまにか、17枚も集めてしまいました。)
私は、仕事中も、散歩中も、お風呂の中、運転中もソリチューズを聴いています。疲れてる時はテレビも音楽も、とにかく音そのものがいやになったりするのですが、不思議な事にソリチューズにはそれがないのです。一日中聴いていても飽きることがなく、他の音楽では得られないものをソリチューズからは得られるのです。
ソリチューズは、まさに砂に水がしみ込むように、私の中にどんどんしみ込んで癒してくれます。

写真とても気持ちが楽になり、治療にも積極的に取り組めたおかげで現在はほぼ完治状態です。
この経験を同じ病気で苦しむ患者さん達にも知って貰いたいと思い、薦めてみたところ、私と同じように感じると言って皆さん喜んで下さいました。
ソリチューズを知ったことは、私にとって宝物を手にいれたようなものです。
この宝物をもっともっと皆さんにすすめて共有したい・・と思っています。

Page Top