ニュースリリース

2016年10月8日

本格派のヨガ指導者の要望で制作されたCD『ヨガ教室のためのラーガ』。2016年10月JafreeBGMライセンス付きで発売。

音楽で人と地球を幸せに♪のスローナミュージック株式会社(相模原市緑区、社長:西田和美)は、本格派のヨガ指導者向けに『ヨガ教室のためのラーガ・午後のクラス』を制作、2016年10月10日から同社の特約店とAmazonで販売します。価格は2300円+消費税で、著作権使用料無料のJafreeBGMライセンス付き。

『ヨガ教室のためのラーガ・午後のクラス』はJafreeland(音とアートの共同制作ネットワーク)のプロジェクトで制作されました。メインアーティストはインド古典音楽のシタール奏者で、ナーダ・ヨーガ(音楽のヨガ)の日本人修行者としての草分け的存在である伊藤公朗氏。伊藤氏が奏でるラーガの心地よさに魅了され、その本格的なナーダ・ヨーガを全国のヨガ指導者にも推奨したいと立ち上がったのが、NPO法人国際ヨガ協会会長の松嶌徹氏。プロジェクチームを全面的にバックアップし、1961年以降、日本のヨガ健康法をけん引してきた同協会としてもラーガを探求しつつ普及していこうということになったわけです。

『ヨガ教室のためのラーガ・午後のクラス』は、Raga Bhimpalasi(ラーガ・ビーンパラシ)という午後の時間帯のラーガに「静寂」な感情と「神=宇宙」への祈りをこめて、シタールとタンブーラで54分間、連続演奏されています。

ラーガとはインド古典音楽の旋法のことで、演奏する時刻や季節等によって演奏に込める感情や演奏の仕方などについて緻密な規則を持つ数々のラーガが存在し、音楽のヨガとして修行者によって連綿と受け継がれてきました。シタール奏者でナーダ・ヨーガの実践者でもある伊藤氏は、「インドでは古代から気の流れを整える効果があるとして利用されてきたラーガを、ヨガを実践する日本の方々に、もっと聴いてもらいたい」と言います。ヨガという古代インドの英知を現代人の心身の健康法としてさらに生かすという点でも、ナーダ・ヨーガ(音楽のヨガ)は今後益々注目されていくと思われます。

http://www.slowna.com/(Jafreelandのオフィシャルサイト)

【お問い合わせ先】
スローナカスタマーサービス
TEL:0120-367-648 (平日9:00~13:00) 090-6527-9450(平日13:00~18:00)
FAX:042-713-1461
E-MAIL: info@slowna.com
担当:西田和美

【会社概要】
スローナミュージック株式会社
本社:〒252-0135 神奈川県相模原市緑区大島3391-8
TEL042-713-1460 (代表)  0120-367-649(お客様窓口) FAX042-713-1461
http://www.slownamusic.co.jp/(オフィシャルサイト)
http://www.slowna.com/(Jafreelandのオフィシャルサイト)
代表取締役社長 西田和美
1997年3月19日設立
資本金300万円
社員 3名
業務内容 CDおよびDVDの制作販売 Jafreelandの管理運営
経営理念 音楽で人と地球を幸せに

Page Top