スローナレーベル

コンセプトアルバム 制作メンバーのご紹介

古佐小基史(こさこもとし): ハーピスト、作曲家

1971年生まれ。愛媛県松山市出身。現在アメリカ、カリフォルニア州首都サクラメント市近郊に在住。

3歳から12歳までの9年間、ピアノの個人レッスンを受けるが、以降は独学で音楽を学ぶ。中高生時代はロックギターを演奏し、東京大学医学部入学後はジャズに転向、プロのジャズバンドにも参加し、スイングジャーナル誌では「最も注目すべき若手ジャズギターリスト」としても評価される。大学卒業後、東京大学医学部付属病院精神神経科に看護士として1年間勤務した後、1997年に渡米する。 

渡米後、1999年にギターからハープに転向する。ほとんど独学で演奏技術を習得し、2001年には演奏活動を始め、2002年、2003年にはソロハープ・クラッシックアルバム "Celestial Harp"  シリーズを2枚リリース。

2006年から2010年までストックトンシンフォニー(カリフォルニア) 主席ハーピストとして活動し、2009年11月のストックトンシンフォニー(カリフォルニア)でのコンサートにおいては、モーツアルトによるハープとフルートのための協奏曲のソリストとして演奏する。

2007年からは、即興/オリジナル曲の演奏に活動の重心を移行し、2007年8月、米国ハープメーカー、ライアン&ヒーリー社主催の国際ジャズ、ポップハープコンクールにおいて、日本人としては初めてペダルハープ部門で入賞(準優勝)を果たし、アメリカのハープ専門誌“ハープコラム”で「日本出身で二位受賞の古佐小基史は、ジャズピアニストのキースジャレットを思わせる内省的な即興で特筆に価する」との評価を受ける。2008年3月には全曲古佐小自身の作曲によるアルバム “Naked Wonder”をリリースする。

2008年より日本での演奏活動を開始し、「ハープの未来2009」(横浜みなとみらい、2009年6月)への出演など、東京、横浜、三重県津市、愛媛県松山市でコンサート、ワークショップ、講演会等を開催している。2010年よりアメリカのグラミー賞受賞アーティスト、ポール・マキャンドレス氏(オーボエ、イングリッシュホーン、ソプラノサックス、バスクラリネット)との即興演奏を主体としたコラボレーションを開始。

カリフォルニアでの活動では、ポール・マキャンドレスをはじめ、フレットレス・ベーシスト、マイケル・マンリング(ウインダムヒル・レコード)やビル・ダグラス(アート・ランデ・グループ ECMレコード)、在米日本人ギターリスト笹島明夫(ジョー・ヘンダーソン、ロン・カーターらとの共演歴を持つ)、トップ・アーティストを起用している。

2014年には、リオ・ハープフェスティバル(リオ・デ・ジャネイロ/ブラジル)、アメリカハープ協会2014年総会(ニューオリンズ/アメリカ合衆国)、世界ハープ会議2014(シドニー/オーストラリア)に出演するなど、国際的な活動を展開し、ハープ専門雑誌「Harp Column 7月・8月号」に特集される。

また、2009年より職域・地域を対象にした予防・健康増進の統合医療的プログラムを研究するトータルヘルス研究会において、良い音楽に触れることでもたらされる心身への恩恵の重要性の啓発と、心身に良い影響を与える音楽の研究に取り組み、2012年に公衆衛生専門雑誌「保健の科学(杏林書院)」に論文「トータルヘルスと音楽」を発表する。同研究会の分科会、音研究会代表を務める。

笹島明夫(ささじまあきお): ギターリスト、作曲家

1952年北海道函館市生まれ

札幌西高校2年生でギターを始め、3年生の時ウェス・モンゴメリーのアルバムを聴きジャズに目覚める。

23歳の時に札幌で活動中に渡辺貞夫に認められ1年間上京した後、’77に渡米

‘78からシカゴに住む。‘79第1回シカゴ・ジャズフェスティバルに出演。‘81〜’85ブラジリアン・ジャズ・グループ Som Brasil に参加、初レコーディング。その後シンガー/ピアニスト ジュディ・ロバーツの録音に参加。‘87にジャズ界の巨人ジョー・ヘンダーソンを迎え、初リーダー・アルバムAKIOをMuse Recordsより発売、世界的に評価を受ける。

歴史に残るジャズ・オリジナルの作曲家としても知られるヘンダーソンから作曲力を評価され、ヘンダーソンは晩年まで笹島のオリジナル、Waltz For Evans をレパートリーに加えていた。その後ロン・カーターとのデュオアルバム、ハービーS+ビクター・ルイスとのトリオアルバムを同 Muse Records リリース、さらに評価を高める。ニューヨークでも頻繁に活動をし、Blue Note, Birdlandなど一流ジャズクラブの他、カーネギーホールでも演奏。

その後も色々なレコーディングプロジェクトに参加し、’04年にはシンガー、カーラ・ヘルムブレクトと、’05年にはロン・カーターとの再会セッションを日本M&Iよりリリース。

最新版は’12年にリリースされたカーラとの再会デュオアルバムQuiet Intentions (米A.W. TONEGOLD RECORDS)で2014年度グラミー賞の第一投票を通過した。

これまでに笹島が共演、ツアーを共にした著名プレイヤーのなかにはランディ・ブレッカー(tp)、ジミー・コブ(ds)、ドン・フリードマン(p)バスター・ウイリアムス(b)、トミー・キャンベル(ds)、エディ・ゴメス(b)、ジーン・ジャクソン(ds)、パキート・ディリベラ(alt,cl,sp)、エディ・ヘンダーソン(tp)渡辺貞夫、日野皓正などがいる。

BUGI (Boo Killim) デザイナー

多摩美術大学 大学院 グラフィックデザイン科 (広告領域)修了
408Design Studio 運営 (所在地:ソウル)

大学院に留学中にアルバイトとして、スローナミュージックのインストアPOPやポスター、ウェブサイトなどのデザインを担当。外国人の感性を生かしたインパクトのあるデザインを得意とし、以降もスローナミュージックのデザイナーとして活躍。

結婚後、ソウルにデザイン事務所をオープン。
商材の魅力を惹きだす天性のデザイン力が高く評価され、2014年に出産後もデザイナーとして多忙な日々を送っている。
化粧品Package Design/韓流DVD Package Design/雑誌広告Design/キャラクターDesign 等作品多数。

大谷清文 Kiyofumi Otani

1971年10月9日 三重県出身
「クラシックな和声と日本的なメロディーが一体となった美しい音風景」
をナチュラルな世界観で繰り広げる自然体のピアニスト・作曲家・即興演奏家

14歳からピアノ演奏と作詞作曲をはじめる
17歳のときクラシック音楽に大きく影響を受け あらゆる作曲家の作曲方法や楽典の理論を独学で勉強
26歳からオリジナル曲でライブ活動をはじめ、即興演奏を主体に数々のアーティストと共演する自称「週末ピアニスト」

37歳からは自然音を生かしたネイチャーミュージックの制作、DTMによる編曲など多彩な音楽フリークぶりを発揮して音楽プロデューサーとしても活躍中
趣味は自転車・オーディオ・自然の中でのんびり

Page Top